予防接種


予防接種イメージ画像

予防接種は、ご希望日の1週間前までに、ご来院の上、ご予約をお願いします。

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌は、肺炎だけでなく中耳炎や副鼻腔炎、髄膜炎などの原因にもなる菌で、肺炎の中では最も多い原因菌です。主に小児ののどや鼻に存在していて、咳やくしゃみを介して感染します。

 

抵抗力の弱い5歳未満の乳幼児や高齢者が感染すると、肺炎や髄膜炎、敗血症などの重大な症状を発症する危険が高いので注意が必要です。

 

肺炎球菌を予防するためには、日頃の感染予防や免疫力を高める生活習慣以外にも、肺炎球菌のワクチンが有効です。乳幼児や65歳以上の高齢者、慢性疾患を持っている方などへの接種が推奨されています。

インフルエンザワクチン

インフルエンザは、咳やくしゃみなどを介してインフルエンザウイルスに感染することで、咳や喉の痛み、鼻水などの一般的な風邪症状以外にも、38度以上の高熱や関節の痛み、筋肉痛、頭痛などの全身症状も現れる病気で、毎年、12月~3月頃に流行します。

 

インフルエンザは、免疫力の弱い乳幼児や高齢者、慢性疾患を持っている方などが感染すると、急性脳症や肺炎を併発して重症化する恐れがあるため、予防が大切です。

インフルエンザの予防に最も有効なのは、インフルエンザワクチンの接種で、流行するより前の11月頃の接種が推奨されています。

接種可能な年齢

生後6か月以上
定期接種対象者
  1. 65歳以上の方
  2. 60歳~64歳までの方で、腎臓や呼吸器に疾患があり身の回りの生活が極度に制限されている方
  3. 60歳~64歳までの方で、ヒト免疫不全ウイルスによって免疫機能に障害があり、日常生活がほとんどできない方
接種回数と接種間隔
  1. 6か月~3歳未満 : 1回0.25mlを1か月あけて2回接種
  2. 3歳以上13歳未満 : 1回0.5mlを1か月あけて2回接種
  3. 13歳以上 : 1回0.5mlを1回接種もしくは2回接種(慢性疾患や免疫低下のある方)
副反応
  • まれに注射部位の発赤や腫れ、痛みなどが出ることがあります。
  • まれに発熱や頭痛、寒気などの全身症状が出る場合もあります。
  • 重い副反応は、ごくまれにショックなどのアナフィラキシーなどが起こることもあります。 

インフルエンザワクチン料金

  • 横浜市在住の65歳以上の方 : 2300円
  • その他の方 : 3600円